読み聞かせボランティア日記 12月8日

今年最後の読み聞かせ。ほかの仲間はクリスマスにちなんだものを選んだ人が多かったけど、私は珍しく季節を考えずに読みたい絵本を読みました。
対象:2年生

手遊び「ひらいてとじて」
ひらいて、とじて、ひらいて、とじて、ひらいたそのてをパチン…

以前藤田浩子さんの講演会で教わった手遊びです。おなかを上ってきた手のひらが
お口の中に入りそうになる。ところが…
思いがけない展開に子ども達は大喜び。
このクラスの子達には今でも「ひらいてとじてやって~」とリクエストされます。2年生には、そして男の子にはちょっと幼稚かなぁと思ったけど、リクエストをせがんでくるのはむしろ男の子たちでした。
「ありこのおつかい」(石井 桃子 中川 宗弥 / 福音館書店)
Rpinasuさんのブログ今日の文庫に影響を受けて、いつか読んでみたいと思いながら果たせなかった絵本。
ついに今日読みました。
動物たちのおなかから聞えてくる「ばかぁ」だとか「とんちきぃ」という言葉がなんともいえずのどかです。そういえば「とんちき」なんて言葉最近とんと聞かれなくなりました。
自分が飲み込んだ動物たちのせいで誤解され、自分もまた食べられてしまうところで子ども達はクスクス笑い。こどもたちにこのユーモアが通じてうれしい。
◆「あかいふうせん」イエラ・マリ
文字の無い絵だけですすむおはなし。2年生もとてもよろこんでくれました。
イエラ・マリの絵本は線がクールなのに暖かさのあるところがとても好きです。


読み聞かせ終了後2学期の反省会を行いました。
[PR]
by riviere7341 | 2005-12-24 06:09

日々のつれづれ


by りびい
プロフィールを見る
画像一覧